ホーム > プログラムの特徴 > 社会人にも学びやすい環境

社会人にも学びやすい環境

履修証明プログラム「人間中心デザイン」は、社会人の方にも学びやすい日程と環境を整えています。その特徴をいくつかご紹介しましょう。

1.金曜日の夜、土曜日中心の時間割

ほとんどの講義は、金曜日の夜と、土曜日だけで受講できるようスケジュールされています。金曜日は、18時30分~21時40分までの2コマ。土曜日は、10時30分~18時までの4コマです。

ただし、「人間中心設計III (応用編)」 の選択科目である、「デザインシステム計画特論」と「サービス工学特論」(いずれか一方を選択)だけ、金曜日以外の夜に開講されますのでご了承ください。

詳しくは、シラバスをご参照ください。13ページ目以降に詳細のスケジュールが掲載されています。

2.すべての講義を、インターネットで動画で確認できる

講義支援システムの画面イメージ

講義支援システムの画面イメージ

本プログラムのすべての講義・演習をビデオ収録し、講義後およそ1~2日後にインターネット上のラーニングシステムで視聴することができます。

これは、本プログラムだけでなく、社会人を対象とした大学院である産業技術大学院大学(AIIT)の講義支援システムの特徴でもあります。

本プログラムは演習に力を入れており、できるだけ出席していただきたいのですが、急なお仕事などでの遅刻や欠席の場合でも、このシステムを使って復習することができます。

3.事務局等からの連絡もグループウェア上で確認できる

大学院事務局からの事務連絡や、講義関連の連絡(教室の変更など)は、グループウェアが公式な掲示板として指定されています。このグループウェアは携帯電話からもアクセスできます。

このように、社会人の方にも学びやすい環境を提供しています。

広告
カテゴリー: プログラムの特徴
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。