ホーム > 講義レポート > 人間中心デザイン概論 講義終了

人間中心デザイン概論 講義終了

ディスカッションの様子9月3日から始まった、この人間中心デザインのコースですが、金曜・土曜の集中講義のため、あっという間に時間が過ぎていきます。

9月18日(土)には、安藤が担当した「人間中心デザイン概論」全8コマが終了しました。人間中心デザインの歴史と理念、産業界での取り組み実態、それにユーザ調査を中心にした手技法の演習など、盛りだくさんの内容でした。

最終回の講義は、UX(ユーザ体験)に関する基本的な考え方を示すとともに、簡単さを実現するのがユーザビリティだ、といった誤解を認識することから、新しいユーザ体験のデザインが始まることなどをお話ししました。そのあと、総合討議として、みなさんからアンケート形式で集めた質問や実務での悩みを皆さんで議論しました。組織へのHCDの導入には、多くのみなさんが苦心されながらも、工夫して努力されていることがわかり、大変刺激になりました。

グループワークの様子一方、平行して行っている「ユーザプロファイリング方法論」では、ワークモデル分析を踏まえて統合モデルを作る段階に来たようです。各チームともポストイットを使って属性と行動を統合的にモデリングしていきます。この統合段階で、ペルソナをどこでわけて作るかも考えながら検討していきます。この日の最終段階では、ペルソナシートを作成するところまででした。

来週は、ペルソナを完成させたうえで、シナリオを作成する予定だそうです。チームでの作業で、かつ宿題もあるようで大変ですが、ぜひ頑張ってまいりましょう。

広告
カテゴリー: 講義レポート
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。