ホーム > 講義レポート > 「発想法」 KJ法のワークショップ

「発想法」 KJ法のワークショップ

10月16日(土)の「人間中心デザインのための発想法」では、再び専修大学の上平先生にご担当いただき、「KJ法による発想ワークショップ」を行いました。KJ法は、日本国内では多くの人が知っている方法だと思います。文化人類学者の川喜田二郎氏によって開発された方法で、『発想法』という本で紹介されたものです。

データを単位化していきます。丁寧に書くのがコツ。

KJ法は、広く知られて実践されている割に、本当の意義や実践方法をちゃんと学んだ人はほとんどいません。KJ法はもっと深い知見を発見でき、アイディア発想の原点となるのに、正しい方法で行われていないから、とても勿体ないことになっているわけです。上平先生によると、KJ法の落とし穴は以下のような点があります。

  • データを整理すること自体が目的化しやすい。
  • 変換が繰り返されるが、方法(手順と考え方)が悪いと、 逆に情報が劣化していく。
  • 思考を向けるためのコツを掴まないと、行き止まり、結局仮説生成はされない。

ワークショップでは、「社会人にうれしい学びの場とは?」というテーマで、KJ法を行いました。まず、このテーマのデータを収集するために、5つのグループにわかれてワールドカフェを行いました。ワールドカフェを行うことで、基本的には5つのグループそれぞれにほぼ同じ内容の情報を得られることになります。そうなると、KJ法の仕方の違いがを比較できるわけですね。

集めたデータを単位化し、ポストイットに書いていきます。この時適当に書かないのが重要です。単語だけ書くのではなく、1週間後そのポストイットを見ても意味がわかるように書くことが大事です。

単位化したポストイットをグルーピングしていきます。

その後、グループ化して概念化していきます。各チーム70枚~80枚くらいのカードができているので、なかなか大変。

模造紙を切ってもいいんです

グルーピングした模造紙は、切ってもいいんです。いや上平先生は、「KJ法は、ハサミとノリを使うものです」とのこと。なるほど。。。

今回、5時間のワークショップの時間の間では、やや時間切れだったのですが、各グループともそれぞれ思いもよらない発見があったようです。中には、「やっぱり学びというより、そこでの人との出会い、もっと言えば飲み会が大事」という意見も。。。

KJ法の成果1

KJ法の成果-1 (注:大きなファイルです)

KJ法の成果2

KJ法の成果-2 (注:大きなファイルです)

KJ法の成果3

KJ法の成果-3 (注:大きなファイルです)

KJ法の成果4

KJ法の成果-4 (注:大きなファイルです)

KJ法の成果5

KJ法の成果-5 (注:大きなファイルです)

 

こうして成果を見てみると、ほぼ同じ性質のデータを基にしているのに、かなり違いますね。面白いです。

しかし、受講生の皆さんの集中力には本当に驚かされました。お疲れさまでした。

広告
カテゴリー: 講義レポート
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。